古民家に住むなら~シロアリ対策が必要かどうかも把握しておこう~

田舎暮らしは良い事だけじゃない
~シロアリ被害に要注意~ 田舎暮らしは良い事だけじゃない
~シロアリ被害に要注意~

自分は田舎暮らしに向いているかどうか不安に思う人必見

男性

インターネットや書籍などで、田舎暮らしをしている人の体験談などを読むと「自分には田舎暮らしは向いているのか」と不安になる人、これからの内容に必見です。

田舎暮らしに向いている人

1人でも平気
これから田舎暮らしを始めようと思っている人には、これまでは会社勤めをしてきた人が多いと思います。会社勤めをしていると同僚や知り合いが多くいて、そこまで寂しくは無いと思いますが、田舎暮らしをすると人間関係にも変化が生じます。というのも、田舎暮らしには「1人でも問題ない人」が向いている傾向があります。しかし、田舎には独特の雰囲気があり、なかなか打ち解けないで挫折して都会に戻る人も少なからずいます。また、1人でトラブルに対処できるかどうかも重要になります。万が一シロアリが発生した際に、自分でシロアリ対策をしたり、業者にシロアリ対策の依頼をしたりすることができないと非常に困ってしまいます。ですので、そういったことにも耐えられて、1人でも寂しくない人は、田舎暮らしに向いているといえます
人が好き
先程の「一人でも平気な人」とは少し矛盾が出てしまいますが、実は「人と関わることが好きな人」も、田舎暮らしに向いています。田舎暮らしは、そこに住んだ場所の人と、如何にして仲良くできるかもポイントです。最初のうちは慣れるまでに時間が掛かっても良いので、地域の人と仲良くなると何かと安心です。こういった理由で、人が好きな人やコミュニケーション能力が高い人は、田舎にも順応しやすいので、田舎暮らしに向いています。
楽しみを見つられる
これは一概にいえない場合もありますが、田舎暮らしは「時間を持て余すこと」も多いです。最初から田舎暮らしでやりたいことや、やれることがハッキリしている場合は問題ありませんが、そうでない場合は、やることを自分で見つけたり、作っていったりすることもポイントになります。そんな状況でも「自分で楽しさを見つけられる人」は、田舎暮らしでも苦労は少ないでしょう。例を挙げれば、近くに海があればサーフィンを始めたり、静かな環境でできる陶芸や俳句などに挑戦したり、環境を上手に使った暮らし方を作ることができる人は、田舎暮らしを満喫できるでしょう。

田舎暮らしに向いていない人もいる

これまで、田舎暮らしに向いている人をご紹介しましたが、「田舎暮らしに向いていない人」もいますので、この機会に自分の性格を見つめ直した上で判断してみるのも良いでしょう。

TOPボタン