田舎暮らしを始める前の心構え~シロアリ対策も加味して家選び~

田舎暮らしは良い事だけじゃない
~シロアリ被害に要注意~ 田舎暮らしは良い事だけじゃない
~シロアリ被害に要注意~

自分に合った田舎暮らしをする人達

書店やインターネットで田舎暮らしについての雑誌やサイトがありますが、どれが自分に合っているのかを見極めることも、田舎暮らしを楽しむポイントです。

場所の探し方

暮らしたい土地を選ぶ

田舎と言っても、日本にはさまざまな地域がありそれぞれに特徴があります。また、田舎暮らしを始めるにあたって「どこに住むか」も重要なポイントです。効率的かつわかりやすい決め手の一つとして、日本国内を「北海道・九州・近畿地人」といった様な12の区分に分け、その後に「行ったことがある」「縁やゆかりがある」「一度住んでみたい」など、自分が住んでみたい所を選んでみましょう。そうすると、移住したときのイメージが湧き、その後の計画も楽しくスムーズに進行することができます。意外にも、これをやらずに田舎暮らしを始めて後悔した人もいます。

自然環境をチェックする

先程のステップで、暮らしたい地人が決まったら、次に「その地人の自然環境」も調べましょう。調べ人は、書店にある田舎暮らしの情報誌やインターネット検索で「~地人・自然・環境」などの検索ワードで調べたりその地人の官公庁(市役所・観光案内所)への問い合わせをしたりなど、自分ができそうな人法が良いでしょう。自然環境が把握できたら、次は「その地人でやりたいことや一緒に暮らす家族の意見、目的」など、その地人で田舎暮らしをするときに考えられることも、一緒に調べて確認しましょう。特に家族の意見は重要で、家族の意見が一致しないときは、別の地人へ目を向けることも視野に入れましょう。

住環境を絞る

自然環境がわかったら、その流れで「住環境」についても確認しましょう。住環境とは、自然が豊かな山村や、港があり新鮮な魚介類がある漁村、生活に便利な市街地など、住む場所の環境のことを指します。シロアリが発生しやすい環境だと、シロアリ対策をしないと家がボロボロになってしまうこともあるので注意しましょう。さらに、物価などもチェックしておくと、田舎暮らしに掛かる費用についても事前にわかります。長く住むにあたって重要なポイントとなるので、併せて確認してきましょう。ある程度の地域まで絞り込めたら、先程のステップ「自然環境」「その地に住んでやりたいことや、一緒に暮らす家族の意見、目的」なども併せて考えておくと、再確認の意味もあり安心です。

TOPボタン